わきが

その他のワキガ・多汗症手術法の特長と問題点

切除法 ワキガ・多汗症の手術としてはもっとも歴史が古く、ワキ毛が生えている部分に沿ってアポクリン汗腺・エクリン汗腺・皮脂腺・毛根を皮膚ごと根こそぎ剥ぎ取る完璧な方法。
ただし、切り取った広範囲の切除範囲を両側の皮膚を引っ張って接合するため、腕の上下運動に支障を来たすことが多々あり、傷跡が大きく残る場合がある。
剪除法 ワキ毛のシワにそって4、5センチの切込みを数本入れ切り口と切り口の間の皮膚をひっくり返して、アポクリン汗腺を目で確認しながら切り取り除く方法。縫合の際のつっぱりやひきつれは防げるものの、大きな傷跡が残ってしまう。
また、アポクリン汗腺を一本一本切り取る作業のため、出血のリスクと長時間の手術となり、費用もかなりかかる。さらに、この手術のもうひとつの問題点は、ワキガ治療には効果的だが多汗症を治すのは難しいということ。
皮下組織掻爬(そうは)法 ワキの下に数センチの小さな切込みを入れ「キューレット」と呼ばれるスプーン状の器具を入れて皮膚の裏側を削り、掻き出す方法。大きくメスで切らないため、傷跡は小さいが汗腺類を掻き出すことで周辺組織を傷つけ、手術後の回復に時間がかかる。また、術後に十分な圧迫固定が必要で、不十分な処置だと皮膚が壊死する可能性があり、壊死の程度よっては大きな傷跡が残ってしまう。
皮下組織削除法 掻爬法のキューレットのかわりに専門のハサミのような器具(一方の刃の部分に皮膚組織を掻き出す鋭い刃が、もう一方にローラーがついており)で挟みこむように、ローラー部分を皮脂表面にあて、刃で裏側の汗腺類を均一に削り取る方法。
問題点は、器具の挿入口から器具の及ぶ範囲でしか施術できず、数箇所の切り口を開けることが必要になり、皮膚に数箇所の切り口を開ける必要がある。また、広範囲にわたって皮膚を薄く削り取るため、皮膚表面に黒ずみが残りやすい。また、手術後には約3日の入院と一週間ワキを固定しなければならず、不十分な処置だと掻爬法と同じように皮膚壊死のリスクを伴う。
吸引法 美容外科の脂肪吸引の技術を応用し、「カニューレ」という細い管で汗腺類を吸い出す方法。細い管を用いるため傷跡の心配もなく、手術後の入院も不要なため多くのクリニックが採用している。しかし、この吸引法では繊維組織にしっかりと根付いた汗腺類を完全除去するのは難しく、手術をしたのに臭いが残るといったことが多いという欠点がある。また、多汗症にもあまり効き目がないのが現状。
超音波法 吸引法に取り残しが生じるなら、もっと強力にしようと超音波の持つ破壊力をプラスした方法で、ワキに数ミリの小さな穴を開け、超音波発生器を差し込んで汗腺類を破壊し、吸引するという方法。傷跡の心配もなく、体へのストレスも少なく30分程度で施術は完了する。しかし、広範囲におよぶワキガ臭の場合、取り残しが生じることがあり、医師の知識と技術が浅いと超音波による、ヤケド、組織内水腫などのトラブルが多数報告されている例もある難しい方法でもある。
PMR(シュレッダー)法 こちらも吸引法を応用した方法で、ワキに数ミリの穴を開け、カニューレと更に特殊な4ミリ程度のカニューレで汗腺類を取り除く方法。このカニューレの先は電気髭剃りの要領に似た仕組みのため、皮膚組織を傷つけることなく出血を最小限に抑えられる。最後に特殊な器具で汗腺組織の取り残しを目視で確認して完了となるが、この器具では汗腺類を削り取るコントロールがつけにくいので削り取りすぎて皮膚壊死をおこす例も少なくない。
マイクロレーザー法 レーザーを直接照射して汗腺類を燃焼させ、除去する方法。メスで切らずに直径1ミリのヤグレーザーと呼ばれるレーザーの先端を毛根部に差し込んで照射する。傷跡が残ることもなく20分程度で施術は完了するが、レーザー先端を差し込む際の痛みを麻酔で抑えるため、ヤケドの心配があり、また1回では効果が不十分。他の方法との併用が必要となるため、皮膚組織への負荷が多くお勧めしない。

※それぞれの施術法のメリット・デメリットに関するご質問も受け付けておりますので、お気軽にご相談ください。

戻る

  • 無料カウンセリング予約
  • メールによるお問い合わせ
  • お電話でのご予約・お問い合わせ 050-3116-1825 受付時間:10:00~19:00(年中無休)
ページ先頭へ




SiteMap(XML版)
Copyright (C) 2010 Kyoritsu Cosmetic Surgery. All Rights Reserved.