わきが

共立美容外科のワキガ・多汗症治療 -ワキガ体質チェック-

ワキガ治療に来られる患者さんは、だいたい3通りにわけることができます。1つは、明らかにわかるほどワキガ臭のひどいケース。
もう1つは、それほどではないけれど、可能性の感じられるケース。
そして最後は、ほとんど臭わないのに、本人がワキガだと思い込んでいるケースです。
以下の項目でセルフチェックをしてみてください。


今すぐチェック!

1.
他人から臭いを指摘されたことがある
汗臭さとワキガの臭いは違うので、自分でチェックするには入浴後がよいでしょう。

2.
汗をかくと洋服に黄色い汗ジミがつく
たいていのシミは洗濯で落ちますが、それでも汗ジミが残るようであれば、ワキガの可能性があります。

3.
耳アカは湿っているほうだ
ベットリとした耳アカの方は、かなり重度のワキガ体質であるといえますので、チェックしてみて下さい。

4.
両親のどちらか、または両方がワキガである
ワキガはかなりの確率で遺伝します。両親がワキガなら「80%」、両親のいずれかなら「50%」の確率です

5.
どちらかと言えば毛深いほうだ
毛深い人はワキガの原因といわれるアポクリン汗腺が多いので、ワキガの可能性が高いです。

6.
肌は脂性である
肌が脂性の人は皮脂腺の発達した人なので、脂肪分の分泌が多ければワキガ臭も強いといえます。

7.
ストレスが多いと感じる
緊張やストレスなどで精神的に発汗すると、結果的にワキガ臭を強くします。
特にワキガや多汗症で少しでも不安のある方は早めにご相談ください。

8.
野菜より、肉に目がない
近年ワキガで悩む人は増えています。肉や乳製品は汗腺を活性化させ、胚芽やゴマに含まれるビタミンEはワキガ臭のもとである過酸化資質の発生を抑えるとされています。

9.
脂っこい食べ物が好きなほうだ
上記と同じく、揚げ物のような脂っこいものは注意です。

10.
お酒、タバコは好きなほうだ
お酒やタバコのような刺激物は汗腺の活動をうながします。香辛料のきいた料理も要注意です。

11.
脱いだ靴下や靴が臭いと感じる
足の裏にはエクリン汗腺が多く存在するので、ムレると細菌が繁殖し臭いを発生しやすくなりますが、だからといってワキガとは限りません。ですが多量の汗をかくようなら多汗症の疑いがあります。

12.
汗をかくほうだ
汗っかきと多汗症は違いますが、冬でも汗をかくようであれば多汗症の疑いが強いです。

13.
緊張したり興奮したりすると汗ばむ
多汗症の人は洋服がベットリ濡れるほど汗をかきます。ワキの下だけでなく手のひらに多汗症の症状をもつ人が増えてきました。緊張したり興奮したときにかく汗が尋常でないと感じたらご相談ください。

  • たくさん「イエス」がついたからといって、必ずワキガであるということではありませんが、その可能性はありますので、早めにカウンセリングを受けられることをお薦めします。
  • ワキガと多汗症は別ですが、気になってストレスになるのが一番よくないことです。
    気になるようであれば一つの体質ですので、恥ずかしがらずに「風邪をひいた時に内科に訪れるのと同じ」気持ちでお気軽にご相談ください。
  • ワキガの再手術は難しい手術になります。皮下組織にも負担がかかります。
    最初に1番ベストな手術を1回で済ませることが重要です。

ワキガ、多汗症、黄ばみのトリプルカット! 同時に脱毛も実現。 共立式ローラークランプ法

共立式ローラークランプ法は、アポクリン腺、皮脂腺、エクリン腺にアプローチし、毛根レベルにも達するため、脱毛効果も同時に期待できます。
従来の傷跡が残り、痛みが伴う切開法とは違い、今までの問題を全て解決しました。切開した部分に、タイオーバーと言われる圧迫の必要もありません。もちろん入院もせずに、その日のうちに帰ることができます。

特許取得の共立式ローラークランプ法

ワキガ手術の吸引法の中で、現在、考えられる最良の方法を追求し開発したのが、この共立式ローラークランプ法です。特許を取得し共立美容外科でしか行うことのできない技術です。
一言で言えば、ローラーで皮膚を押さえながら吸引する方法で、これにより、皮膚のすぐ下にあるアポクリン腺、皮脂腺、エクリン腺をスムーズに吸引することができます。このことにより、毛根レベルまで達するため、脱毛効果も生まれ、ワキガと同時に脱毛もできます。

(名称)皮下組織吸引削除機
(特許番号)特許第3839137号

さらに詳しい内容はこちら



戻る

  • 無料カウンセリング予約
  • メールによるお問い合わせ
  • お電話でのご予約・お問い合わせ 050-3116-1825 受付時間:10:00~19:00(年中無休)
ページ先頭へ




SiteMap(XML版)
Copyright (C) 2010 Kyoritsu Cosmetic Surgery. All Rights Reserved.